''大塚高校野球部の取材を行いました。''

大塚高校野球部の取材を行いました。

大塚高校

大阪地区予選、初戦の対戦校が決定しました!


日時:7/8(日)

大塚高校 - 金光八尾高校

時間:13時20分

場所:久宝寺 



あいさつ 礼儀正しさ No.1

室井監督
  • 自身も小学生のころから野球に打ち込み、高校時代は大阪大会ベスト16にまで進んだ経験を持ち、大学卒業後も野球を教えたい! そんな熱い気持ちを持って教師の道へ飛び込んだ室谷監督。母校天王寺高校でコーチを1年半務め、その後、大塚高校で監督3年目になります。
    監督が日々の指導の中で心掛けているのが「野球を通じて生徒の人間味を育てる」「褒めてのばす」事だそうです。
    挨拶からはじまり、試合中、ベンチのメンバーにも声を掛け合うスタイルが大塚高校野球部方式。
    そうした礼儀を徹底して伝える事で卒業した後に大塚高校の生徒はいい奴だ、気持ちのいい奴だと言われるような人になって欲しいそうです。
    そんな監督の今年の高校野球の目標は「もちろん優勝!」

意識高まり、最高のチームへ

山西くん、原田くん
  • 3年でキャプテンを務める山西琢也くん(写真左)と3年、サードを守り、3番打者も務める原田拓也くん(写真右)。
    山西くんがキャプテンとして普段から大切にしている事は、練習中も元気よくやること。
    自分達の世代が中心を担うようになってからは、声を積極的に出し、自身が意識の高い背中を率先して見せながらチームをぐいぐいと引っ張っていく。そうすることで全員の意識が高まって来ているんだそう。
    それは、練習でも各自が自主的に課題を見つけ、自分に合った練習方法を監督や先輩に聞いたり、他校の練習を取り入れたりと創意工夫しながら模索し、気づけば夜9時をまわっていた、というエピソードからも伺えました。先月には強化合宿を行い、100m×100本、タイヤを引きながら100m50本、砂袋を持ちながら350mを25本といった走り込みを中心に全員が一丸となって練習に打ち込みました。
    原田くんは、小学校の頃から長年外野手として活躍していたそうなのですが、昨年秋からサードへと転向。
    始めは慣れない内野の守備に違和感や不安も感じたそうですが、毎日内野の守備練習を人一倍の時間をかけて行い、帰宅してからは素振りを行うという血の滲む努力の結果、監督から鍵を握る注目選手と言われるまでになったそうです。
    2人に、今年の夏の目標を聞いたところ間髪入れずに「優勝です!」との答えが返ってきました。「それだけの事をやってきているので優勝以外は見ていません」という山西くん率いる大塚高校に注目です!


大塚高校野球部

練習風景(クリックで拡大)

;s_IMG_0797.pngs_IMG_0798.pngs_IMG_0809.pngs_IMG_0817.pngs_IMG_0832.png

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional