''平野高校野球部の取材を行いました''

平野高校野球部の取材を行いました

平野高校

大阪地区予選、初戦の対戦校が決定しました!


日時:7/16(月)

平野高校 - 大塚高校・金光八尾高校の勝者

時間:11時10分

場所:久宝寺 



未来の生徒に届けたい、平野高校野球部の良さ

岩佐監督
  •  平野高校野球部に赴任して6年。監督としても6年目を迎えた岩佐監督。
    自身も小学生から大学までずっと野球をプレーしてきた監督は普段の練習の中で、気持ちの上で最後まで粘ることの出来るチーム作りを意識して指導しているそうです。
    その指導も、1から10まで自身や他の先生方が指摘してやらせるのではなく生徒が自身で気付いて実践していけるような指導を心掛けていると語ってくれました。
    また、平野高校では他の部活との兼ね合いなどの理由でグラウンドが満足に使えない為、守備練習を徹底的に鍛え、守りのチームを作り上げたそうです。
    土曜を主とした休日では毎週ほぼ練習試合を組むことで実践形式で日ごろの練習の成果や課題を再確認しているとのことでした。
    監督が特に注目している選手としては、キャプテンの山本くんを挙げていました。彼は人一倍野球に対する思いが強く、人をまとめていける心の成長が目覚ましい事が注目しているポイントだそうです。
    平野高校野球部に対して監督は、ここ数年間で新たに生まれ変わってきたと思う。今後、平野高校に入学し野球をしたいと思う生徒たちが伸び伸びと、プレーできる、そんな場所にしていく為に、日々チームのメンバーと一緒に土台作りをしていきたいと語ってくれたのが印象的でした。
    平野野球部は、去年の公式戦で勝利を収めたのが9年ぶりだったので、今年はさらに上を目指し「3回戦突破」を狙いたい。強豪私立校にも、一矢報いれるようなチーム作りをしていると、話していました。

野球への情熱は人一倍!

山本くん
  • キャプテンを務め、ピッチャーでもある3年山本亮くん。
    小4から続けている野球の魅力を聞くと「試合するときに、コンディションや気合いなどの少しの差で格上のチームにも勝つことが出来る。いい試合が出来るときが一番楽しい」と話してくれました。
    監督にも、人一倍野球への情熱が強い頼れるキャプテンだと言われている山本くんを象徴するエピソードとして、2年生の何人かが野球部を辞めようとした時に、何日もかけて1人1人と個人的に話し合い、相談を受け、時には保護者に対しても情熱をもって気持ちをぶつけ、その生徒達の気持ちを取り戻すことが出来たというものがありました。
    普段から野球への情熱を持ち、それを相手にぶつける事が出来る山本くんだからこそ、チームの皆もついていこうと思えるのではないかと感じました。
    山本くんにとって今のチームは個性的なメンバーが多い。だからこそまとめるのは大変だけど、その分やりがいも十二分にある、と力強く語ってくれました。
    そんな山本くんの今年の夏の目標は「3回戦を突破」すること!


練習風景(クリックで拡大)

練習風景練習風景練習風景練習風景練習風景練習風景

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional